転職エージェントでは面接のポイントも教えてくれるの?

その中で大別すると、「研究職員」「教職員」「事務職員」「その他職員」と分類できます。
研究職員に転職しようと思えば、大前提として博士か修士以上の課程を修めている必要があります。
その上で、大体は2~3年の期間契約を結んで研究員として雇用され、その間に成果を挙げられれば次回も契約更新されるというスタイルになります。
この性質上、大学を転職して渡り歩くこともありえます。
教職員はいわゆる「教授」「助教授」「講師」といった職員です。
こうした大学の教職員は、一般に募集を掛けることはまずありえない物で、大体は研究者同士のネットワークや教授のコネクションなどから声がかかって行きます。
異なる大学に転職・転勤することはありますが、それほど頻繁ではありません。
事務職員は文字通り大学の運営・経営事務を行う職員です。