亀頭直下埋没法とは

亀頭直下埋没法とは、包皮内板を切り取って、カリの部分で切った箇所を縫合して包茎の治療をするという手術方法であります。
基本的にこの手術方法が一番行われている方法であるといわれており、包茎手術ではメジャーな方法です。
上手な医師ならきれいに行いますので、かなり無難な方法ですが、腕の悪い医師に当たると傷跡が残ってしまったりとデメリットがある手術です。
また、この方法はただしこの方法は、軽度の仮性包茎の方しか利用できないものであり、真性包茎である方や、皮のあまり方がかなり多いというような人にとっては、有効な手術方法ではないといわれておりますので、この方法がダメだという方はその他の手術方法を試してみるといいでしょう。
上野クリニック【手術体験談】