大手消費者金融の口コミは?

消費者金融のキャッシングの審査は比較的通りやすいので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

また、消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制が定められており年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。

又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

住宅ローンのように高額なローンは保証人や担保が必要ですがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に返済ができなくなったということにならないよう念入りに審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。

わりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融ですがその審査能力は優れたものがあります。

審査基準が高いというイメージが強い銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行の金融業務に関する保証会社となりました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

近頃の消費者金融といえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

まずは業務内容を紹介します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格が必須となります。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

消費者金融のキャッシング、銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には総量規制があることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというもので総量規制によって、借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

そのため、無収入の専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

参考:アコムのキャッシングは無職でも借りれる?審査はどう?

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

一方、消費者金融は貸金業務専門の金融機関ですから限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。

消費者金融のキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

消費者金融のキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)ですが、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないといった制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く簡単にお融資してくれる街金で借金を繰り返す人が増えてしまい社会問題になったほどです。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますからウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

カードローンを申し込むにはいくつか方法があり一般的には、電話やインターネット、郵送などで申し込むことができます。

郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入したら、返送し審査結果を待つだけです。

審査に通過し必要資料のコピーを同封して送れば契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

ちなみに、ネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

銀行以外に、消費者金融やクレジットカードでキャッシングするという方法があります。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

利益を上げています。

銀行と消費者金融の金利を比較すると消費者金融の金利の方が高いことが多いと思います。

ただし、中には消費者金融よりも金利が高く設定されている銀行カードローンもありますので一概に消費者金融のほうが銀行カードローンよりも金利が高いとは言えないのです。